ホーム

弊社について

グレシャム・インベストメント・マネジメントLLC は、1992年にファルコンウッド株式会社によって創設されました。弊社はコモディティ先物を使用した分散コモディティ投資ポートフォリオ管理の先駆者です。当社の有形資産プログラム® (TAP®) は、1987年1月に取引を開始しました。これはS&Pゴールドマン・サックス指標とダウ・ジョーンズ UBSコモディティ指標より長い歴史を持っています。2016年9月現在、グレシャムは、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東において、一般年金、法人年金ファンド、寄付金、法人、ヘルスシステム、保険会社、集団投資スキーム、他の投資顧問業、ソブリン・ウェルス・ファンドなどを含む様々な顧客の78億ドル以上の資金運用を行っています。

グレシャムは、上席マネジメントチームが平均30年以上のコモディティ取引の運用実績を持つ経験豊かな投資プロフェッショナルチームを備えています。

グレシャムは、投資アドバイザーとして証券取引委員会に登録しており、 そしてコモディティ先物取引委員会のコモディティ・プール・オペレーターならびにコモディティ・トレーディング・アドバイザーであり、さらに全米先物協会と米国先物取引業協会の会員です。

取扱い内容

グレシャムは、幾つかのコモディティ投資プログラムを提供します。当社の目的は、分散コモディティポートフォリオ(DCP)における商品先物取引を通して、その資産クラスにおいて責任を伴う投資(投機ではなく)方法を提供すること、そして広範なコモディティやコモディティ・グループへのシステム化されたエクスポージャーの利益を当社の顧客に提供することです。歴史的には、商品先物取引あるいはDCPに投資することののメリットは、変動の減少とそれに付随する、分散コモディティ投資へのアロケーションを含むポートフォリオのリスク調整後リターンの増加を含んでいました。

コモディティは、石油、金、小麦などの有形資産です。無形資産(株式や債券など)と同様に、それらは、投資リターンの可能性を持ちますがリスクも伴います。 毎年、世界で約8兆ドルの新しいコモディティが生産されます。そしてこれは世界資産ポートフォリオの10%を占めます。

世界資産ポートフォリオ(2015年12月現在)

ソース:米国債券:流動性中長期政府債および社債(バークレイズ米国総合およびグローバル総合インデックス)米国および米国以外の 株式:先進国における上場株式の市場価値(S&P およびダウジョーンズ)。M2ベースの米国以外の通貨(IMFおよびセントラル銀行) コモディティ: 年産額(米ドル、ブルームバーグからのプライシング及びUSDA、EIA、ICCO、WBMS、GFMS、IEA、国連、及びジョンソンマッセイからの生産情報を用いてグレシャムが計算)

投資家は以下を通してコモディティ・エクスポージャーが得られます。

分散型コモディティポートフォリオ(DCP)

実際のコモディティ

天然資源株式

マネージド・フューチャー・ファンド

コモディティ指数

当社は、DCPが流動性、投資のしやすさ、ポートフォリオ分散、インフレヘッジの間の最高のバランスを提供すると信じています。経験を積んだマネジャーは、DCPによって全リターンの様々な構成要素を最大化することができる可能性があります。さらに、DCPは、実際のコモディティを購入、保存する、あるいはコモディティ指数を追跡するスキームに投資することに関連する隠れたコストのような他のコモディティ投資方法に関連して起こる多くの困難やリスクを回避します。

他のほとんどの投資商品同様、グラシャム社のプログラムはリスクを伴い、利益同様損失が生じることもあることにご留意ください。過去の実績は必ずしも将来の結果を示すとは限りません。

短期的アクティブ(NTA)戦略

TAP

グレシャムの有形資産プログラム® (TAP) は、ロングオンリー・分散有形コモ ディティ投資戦略で、30年の実績を持っています。 TAPの方法は、規則に基づいた構造と市場駆動実施のバランスをとり、効率のよい取引によりリターンを最大化し、セクターと個々のコモディティ・ウェイティングを抑制ならびに計画的中間リバランシング戦略により変動を最小限にしています。

有形コモディティの分散プール (2017年の目標TAPウェイト)

ソース:グレシャム・インベストメント・マネジメントLLC

注:上記のウェイティングは、ラップ口座(SMA)の目標ウェイティングとなるであろうものを示します。SMAは、投資最小要件を満たす適格投資者にオファーされます。コモディティ・ウェイトは、毎年投資家への通知なくリセットされます。

TAP戦略は、CFTC規則150.3(a)(4)のもとで提供される救済措置に従ってグレシャム戦略を実施する、独立した別個の2つの取引グループの1つであるグレシャムNTAを通して運営されます。他のほとんどの投資商品同様、グラシャム社のプログラムはリスクを伴い、利益同様損失が生じることもあることにご留意ください。過去の実績は必ずしも将来の結果を示すとは限りません。

期間構造マネタイゼーション(TSM )戦略

TSM & MTAプログラム

TAPに加えて、グレシャムは、強化コモディティ指標エクスポージャーを適格投資者に提供するように設計されたプログラムを提供しています。当社の期間構造マネタイゼーションならびに中期アクティブ(総称して“TSM”)戦略は、2004年8月に取引を開始したとともに、コモディティ先物市場における相対的価値のチャンスを収益化することによって、それぞれのベンチマークを上回るリターンを生み出す設計となっています。

TSM戦略は、CFTC規則150.3(a)(4)のもとで提供される救済措置に従ってグレシャム戦略を実施する、独立した別個の2つの取引グループの1つであるグレシャムTSMを通して運営されます。他のほとんどの投資商品同様、グラシャム社のプログラムはリスクを伴い、利益同様損失が生じることもあることにご留意ください。過去の実績は必ずしも将来の結果を示すとは限りません。

弊社の伝統

工事中。

弊社の特長

グレシャムは、他社とは異なる資産クラスとしてのコモディティにのみ焦点をあてます。当社は、投資家の皆様に、株主資本のような変動で最大のリターンをもたらす商品先物取引ベースのユニークな戦略をお届けしようと務めています。当社は、会社創設以来この目的を持ち続け、30 年に亘って有形資産プログラム(TAP)の実績を積み重ねてきました。ロングオンリー・コモディティ・ポートフォリオ・マネジャーでこれほど実績のある人は他にいません。当社によって提供されるコモディティプログラムは、下記の事項を含むコモディティ指標やロングオンリー・ファンドに比べてはっきりとした優位性を持っています。

コモディティ投資において合計187年の経験を持つ資産運用チーム

幅広い、完全担保付コモディティ・エクスポージャー

ボラティリティーを引き下げるための中間リバランス (TAP のみ)

DJ-UBSCIやS&P GSCI よりもリスク調整後リターンが履歴的に見て良好

最長の実績*

実績のある対ベンチマークアルファ*

*過去の実績は、将来の結果を示すものではありません。

注記:SMAビジネスの最小初期投資額は、戦略により異なり、5千万ドルから1億ドルです。

弊社を通しての投資

グレシャム・インベストメント・マネジメントLLC は、その戦略により、最小初期投資額5千万ドルから1億ドルまでの投資額を伴うSMAポートフォリオの投資マネージャーとしてサービスを提供しています。

グレシャムを通しての投資は、有資格の洗練された投資家のみを目的としています。詳細については、リスク開示書類をお求めの上、ご参照ください。

当社のプログラムへの詳しい投資方法 は、下記電話あるいはEメールで、グレシャムまでお問い合わせください。 電話:212-984-1430、あるいはEメールを送る.

ジョナサン S. スペンサー

社長\チーフ・インベストメント・オフィサー

グレシャム・インベストメント・マネジメントLLCの社長兼CIOであるスペンサー氏は、グレシャムの投資およびオペレーションの日常業務を担当しています。 スペンサー氏は、ニューヨーク州立大学バッファロー校で経営情報システムの理学士号を取得しまし た。彼は、ファミリー・オフィス・エクスチェンジとニューヨーク証券アナリスト連合会の会員です。スペンサー氏は、“Wealthy And Wise”という書籍の中の“Balancing Act – The Art of Asset Allocation.”という章で、アセット・アロケーションについて執筆しました。

ダグラス・ J. ヘップワース、公認証券アナリスト

執行副社長

ヘップワース氏は、グレシャム・インベストメント・マネジメントLLCのTSM取引グループの独立アカウント・コントローラです。 ヘップワース氏は、過去21年間のうちグレシャムで16年間に亘り働きました。ウォール・ストリートにおける26年間の実績は、ニューヨーク綿花取引所、コーヒー、砂糖、ココア取引所などの立会場におけるオプションズ・マーケットメイキング・オペレーション、転換社債リサーチ、オプション・ファイナンシャル・アナリシス、定量分析、不動産投資などを含みます。

ヘップワース氏は、1982年にコロンビア大学で経済学文学士号を取得しました。彼は、CFA協会認定証券アナリストです。米国資産運用・調査専門家協会およびニューヨーク証券アナリスト連合会の会員であるヘップワース氏は、デリバティブ証券とリスクマネジメントについて、講義をしました。

アレクサンダー・ガンシュ

マネージング・ディレクター

ガンシュ氏は、グレシャム·インベストメント·マネジメントLLCのマネージングディレクターである。彼の職歴は、母国スイスで1987年に最大のソフト・コモディティ取引業者の1つであるPaul Reinhart AGで始まりました。ヨーロッパ、極東、中央アジア、米国で勤務したあと、1997年にニューヨークに位置するグループの米国本社の社長兼マネージング・ ディレクターに任命されました。彼は、2006年1月にグレシャムに入社前、バルマック・インターナショナル・インクのチーフ・オペレーティング・オフィサーも務めました。この会社はニューヨーク証券取引所上場のコモディティ取引会社であるBalfour Maclaineの関連会社です。

 ガンシュ氏は、ドイツのハンブルグ大学とブレーメンの外国取引学校で国際取引法修士号を取得しました。

Dr. Reinhold W. Gebert

チーフ・オペレーションズ・オフィサー&チーフ・リスク・オフィサー

Gebert博士は、グレシャムの業務およびリスク管理機能を監督し、グレシャム執行委員会のメンバーです。 2012年にグレシャムに入社する前は、グローバル独立発電会社ContourGlobalのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高管理責任者(CAO)を務めました。 ContourGlobalに入社する前は、Barclays Wealth AmericasとLehman Brothers Private Investment ManagementのCAOとマネージングディレクターを務めました。リーマンブラザーズに入社する前は、McKinsey&Companyの金融機関業務担当エンゲージメントマネージャーとして、戦略、事業開発、製品設計、価格設定、収益性に関する資産管理および仲介業界の上級幹部に助言を受けました。 Gebert博士は、ビジネス界に移行する前に、PrincetonのInstitute for Advanced Studyで文字列理論の数学的側面に焦点を当て、理論的な高エネルギー物理学の研究を行った。

Gebert博士はロンドン大学で数学を学び(M.Sc.)、ドイツのハンブルク大学で理論物理学の博士号を取得しました。

Adam I. Gehrie

総司令官&チーフ・コンプライアンス・オフィサー

Adams I. Gehrieは、2014年2月からGreshamの総司令官&チーフ・コンプライアンス・オフィサーであり、Greshamの執行委員会のメンバーです。Gehrie氏はまた、グレシャムが管理するケイマン諸島に所在しています各プライベートファンドの取締役会メンバーである。

グレシャムに入社する前は、イートンパークキャピタルマネジメント(L.P.)のリーガル&コンプライアンス部門の上級メンバーで、SECとCFTCの登録を管理し、新製品開発に貢献しました。イートンパークに入る以前は、Dechert LLPとOrrick、Herrington&Sutcliffe LLPのプライベートファンドグループの弁護士を務め、資金調達、経営会社組織、コンプライアンスに関する投資顧問に相談し、またプライベートファンド投資家をの代理しました。

Gehrie氏は彼がPhi Beta Kappaに選出されたAmherst College から B.A. 。また、Georgetown University Law CenterでGeorgetown Law Journalの編集者を務め、J.D.を取得しました。

お問い合わせ

当社の戦略への詳しい投資方法は、下記電話あるいはEメールで、グレシャムまでお問い合わせください。電話:212-984-1430、あるいはEメールを送る.

257 Park Avenue South, Suite 700

New York, NY 10010

tel +1 212 984 1430

fax +1 212 984 1412

ログイン

ユーザー名あるいはパスワードを使ってログインしてください。パスワードをお忘れの場合は、 ここをクリックしてください


顧客ログインが近日中にご利用いただけるようになります。

Eメールが無効です。もう一度入力してください。

プライバシーに関するポリシー

弊社は、顧客との関係において、顧客のプライバシーは基本であると考えます。弊社創設以来、弊社に委ねられた顧客の個人情報の機密、完全性、セキュリティの維持に取り組んでまいりました。顧客のニーズを十分満たすと共に、秘密を保持するための社内ポリシーを作り上げてきました。

現在、あるいは過去の顧客の非公開の個人情報の非関連当事者への開示は、顧客の指示に従って、あるいは顧客の口座への業務を行うための必要に応じて、あるいは法律によって許可されるか、要請された場合にのみ行われます。

 要請により、グレシャム社の完全なプライバシーに関するポリシーのコピーが取得可能です。

ご利用規約

本ウェブサイト(「サイト」)とそのコンテンツは、グレシャム・インベストメント・マネジメント社(「グレシャム社」)が提供しております。本サイトのご利用は、以下の規約に従ってください。本サイト及び本サイトから入手できる情報やサービスをご利用いただいた場合には、これらの規約にご同意いただいたものとさせていただきます。これらの規約に同意されない場合には、本サイトの利用はご遠慮ください。

開示

戦略、料金、経費およびリスクが記述されているグレシャム社の投資金融製品に関連する資料は、グレシャム社から取得可能です。投資の検討あるいは実際に投資を行う前に必ずこれらの資料を注意深くお読みください。過去の業績は、将来の結果を必ずしも示唆するものではありません。

投資リスク

投資には多かれ少なかれリスクが伴い、元本割れを引起す場合もあります。商品先物および先物契約への投資は、それに伴う特定のリスクがあります。コモディティ連動派生商品の価格は非常に変動が激しく、全体的な市場の動き、金利の変化、その他天候、疾病、船舶抑留、国際経済や政治上の出来事などの影響を受ける場合もあります。

情報入手のためのサイト

本サイトのデータ、情報、ソフトウェアおよび他のすべてのコンテンツ(「コンテンツ」)は、 情報及び知識入手を目的としてご利用ください。グレシャム社は、投資のアプローチや投資金融商品に関連するコンテンツを提供しますが、これらのコンテンツは、法律上、あるいは税制上の助言、あるいはグレシャム社の金融商品投資への勧誘として解釈されるべきではありません。グレシャム社はコンテンツの正確性と信頼性 を期しておりますが、その誤りあるいは脱落に対する責任は負いません。コンテンツに基づいて判断を下すに当たってのコンテンツの使用に関連した利点とリス クの評価の責任は、使用者のみが負うものとします。

税金

商品生産物に対する投資家らは、課税対象利子及び/あるいは資産売却益を被る場合があります。投資における税引後利益は、支払義務税金の影響を受ける場合があります。個々の事例については、税理士にお尋ね下さい。

勧誘あるいはオファーの禁止

本ウェブサイトは、かかる勧誘あるいはオファーが違法である司法管轄区において、投資金融商品あるいはサービスを目的とした個人に対する勧誘あるいはオファーとして見なされるものではありません。投資金融商品あるいはサービスに関するオファーは、かかるオファーが合法であると当事者らによって判断される司法管轄区において、グレシャム社ならびに将来の顧客の間における直接的な連絡によって実行されるに過ぎないものとします。インターネットは本質的にグローバルであるため、利用者は、居住国と、本サイトにアクセスしている国のすべての法律、規則、規約、及び規定を含むオンライン行為に関するすべての現地の規則を遵守することに同意します。

リンク

グレシャム社は、本サイトへのいかなるリンクもレビューあるいは承認していません。本サイトにリンクされているウェブサイトに対する責任は、一切負いません。リンクに進む場合には、自己の責任の下で行ってください。

著作権ポリシー

サイトとコンテンツは、グレシャム社、その関連会社あるいはサプライヤーに属します。Copyright ©2011 Gresham Investment Management LLC. すべての権利は留保されます。

免責事項及び責任の制限

グレシャム社は、弊社の所有する記録および/あるいはグレシャム社によって信頼できると判断される他の情報源からこのサイトに含まれるデータおよび情報を取得するために努力しています。グレシャム社は、かかるデータ、情報あるいは計算の誤りを最小限度にするように試みますが、それらのデータ、情報あるいは計算の正確性、有効性あるいは時宜性もしくは完全性について認証しないとともに、保障または保証しないものとします。本件のサイトに含まれる情報およびデータに対する変更は、定期的に実行されるものとします。

ここに規定される免責事項は、本件のサイト上で規定される資料、更にグレシャム社によって利用者に対して提供される他の資料の中に含まれた事項に対して追加されるものとします。本件のサイトの利用を通じてダウンロードあるいは取得される何らかのコンテンツまたはデータは、利用者の自由裁量および危険負担によって取得されます。グレシャム社は、本件のサイト上で利用者に対して利用される情報、データまたはソフトウェアの使用から生じる損害賠償を一切否認するとともに、利用者は、かかる損害賠償に対して単独で責任を負担します。ここにおける損害賠償は、利用者のコンピューター・システムに対する何らかの損害、あるいはかかるコンテンツのダウンロードから生じるデータの喪失、全体的あるいは部分的に過失から生じるかどうかにかかわらず、(1)操作あるいは送信におけるエラー、削除、障害、機能不全、遅延(2)コンピューター・ウィルス(3)通信機器またはソフトウェアにおける欠陥あるいは瑕疵、もしくは(4)情報の盗用、情報の利用に対する指示、または情報に対する不正アクセス、あるいは情報の改ざんに関連した損害賠償を含みます。

グレシャム社は、商品性、特定目的への適合性、及び非侵害の黙示の保証を含むがこれらに限定されない明示あるいは黙示の一切の保証を明示的に否認します。グレシャム社、グレシャム社社員、代理店、あるいは本サイトより入手した助言あるいは情報は、それが口頭あるいは書面によるものであるかどうかにかかわらず、それらの利用規約に明示されていない保証をするものではありません。グレシャム社は、本サイトに関連するすべての事項から発生する利益、収入、所得、営業権、使用、データの損失、あるいはその他の無形損失を含むがそれらに限定されない、直接的、間接的、偶発的、特別、派生的、あるいは懲罰的損害(グレシャム社がかかる損害の可能性を通知されていた場合でも)に対して一切の賠償責任を負うことはありません。

本件のサイトを利用することにより、利用者は、グレシャム社による意図的な違法行為あるいは重大な過失の結果の場合を除き、本サイトへのアクセスあるいは利用に関連して生じる弁護士費用を含む一切の請求、債務、損害、損失、あるいは経費についてはすべて補償し、グレシャム社、その関連会社、ならびにグレシャム社の役員、取締役、社員、および代理店に損害を与えないことに同意するものとします。