期間構造マネタイゼーション(TSM )戦略

TSM & MTAプログラム

TAPに加えて、グレシャムは、強化コモディティ指標エクスポージャーを適格投資者に提供するように設計されたプログラムを提供しています。当社の期間構造マネタイゼーションならびに中期アクティブ(総称して“TSM”)戦略は、2004年8月に取引を開始したとともに、コモディティ先物市場における相対的価値のチャンスを収益化することによって、それぞれのベンチマークを上回るリターンを生み出す設計となっています。

TSM戦略は、CFTC規則150.3(a)(4)のもとで提供される救済措置に従ってグレシャム戦略を実施する、独立した別個の2つの取引グループの1つであるグレシャムTSMを通して運営されます。他のほとんどの投資商品同様、グラシャム社のプログラムはリスクを伴い、利益同様損失が生じることもあることにご留意ください。過去の実績は必ずしも将来の結果を示すとは限りません。

ホーム