当社のチーム

 

主力戦略

Randy Migdal

NTA取引責任者

Randy Migdalは、GreshamのTangible Asset Program ®(TAP ®)。 Migdal氏は1995年にGreshamに入社しました。 2003年から2006年までは、出向でLehman Brothersの投資運用部門に所属していました。 Migdal氏はホフストラ大学で学士号を取得しています。


John Clarke

Head Trader

John Clarke is a Head Trader at Gresham Investment Management LLC, supporting execution across a few of the actively managed commodity strategies including TAP and GDCF. Prior to joining Gresham in January 2011, John worked in the Quantitative Strategies Group at Primus Asset Management, a structured credit asset manager, where he focused on portfolio optimization and model development. He obtained his Master of Science Degree in Financial Mathematics from New York University and a Bachelor of Science degree in Mathematics and Economics from Tulane University.


強化された商品戦略

Benjamin Maat, MSc, CFA, CAIA

TSM取引責任者

Benjamin MaatはTSM取引責任者です。 以前はオランダのBlenheim Capital Management B.V.で上級ポートフォリオマネージャーを務め、商品に注力した国際マクロチームの一員として勤務していました。 それ以前にはAPGで流動商品ファンド責任者を務め、140億ドルの流動商品エクスポージャーを運用し、また3名のポートフォリオマネージャーを指揮していました。 Maat氏は、オランダのエラスムス・ロッテルダム大学で経営管理/金融学および投資学の理学修士号を取得しています。 また、CFAおよびCAIA資格者でもあります。


Hiroshi Hamazaki, MBA

主任トレーダー

Hiroshi HamazakiはGreshamのTSM部門の主任トレーダーであり、またアクティブロングオンリーおよび系統的エキゾチック商品戦略のための取引も行っています。 2013年にGreshamに入社する以前、Nomura Funds Research and Technologies Americaでポートフォリオマネージャーを務めました。 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で電気工学の理学士号、またニューヨーク大学レナード・N・スターン・スクールで金融学の経営学修士 (MBA) を取得しました。 MBAを取得する以前、ヨーロッパの航空宇宙市場において研究開発エンジニアとして働いていました。


Adam Roberts

Trader

Adam Roberts is a trader and analyst for Gresham Commodities and joined in 2022 to support execution and research for the firm’s long-only portfolios. Adam has more than 10 years of experience in commodities with exposure across agriculture, energy, and base metals. Adam joined from Unilever in Switzerland where he was most recently responsible for managing corporate exposure on energy products and previously handled sugar, cocoa, and aluminum portfolios. Adam began his career in research as an analyst at J. Ganes Consulting focused on soft commodities. He has a BA in Anthropology from Kenyon College and a Master of Science degree from EM Lyon Business School.


GreshamQuant

J. Scott Kerson、MA

組織的戦略責任者

Scott Kersonは、Greshamの定量的取引ビジネス全体の戦略リサーチの責任を負っています。 Gresham入社前、AHL Partners, LPのパートナーであり、商品業務責任者およびAHLリサーチ諮問委員を務めていました。 以前は、Barclays Global Investorsの組織的マクログループにおける商品モデルオーナー、Ospraie and Amaranthの裁量トレーダーおよび金融アナリスト、Deutsche BankおよびMerrill Lynchの業務執行取締役など、さまざまな商品リサーチおよび取引の仕事を行いました。 カリフォルニア大学サンタクルーズ校で経済学の学士号を優秀成績で取得し、またデューク大学で金融経済学修士課程の「論文未修」で同大学を去っています。


Thomas Babbedge、PhD、MSci、FRSS、FRAS

主任研究員および組織的戦略副責任者

Thomas Babbedgeは、Gresham Investment Management LLCの主任研究員および組織的戦略副責任者です。  組織的先物運用戦略の基礎的手法およびコードベースの開発の他、新しい取引システム、ポートフォリオ構築およびリスク管理の継続的リサーチの責任を担っています。 Gresham入社前、ThomasはWinton Capital Ltdで上級研究員を務めていました (2007〜2016年)。 そこでは投資分析責任者およびDavid Harding (創立者) およびDavid Hand教授 (主任科学顧問) の個人的研究員などを務めました。 また以前は、インペリアル・カレッジ・ロンドンの天体物理学グループのポスドク研究員 (2004〜2007年) として、銀河進化の研究、モデル化および観測を行いました。 インペリアル・カレッジ・ロンドンで銀河系外天体物理学の博士号 (2001〜2004年)、およびブリストル大学で物理学と天文学の修士号 (1997〜2001年) を取得しています。


William Ferreira、PhD、MSc

最高テクノロジー責任者

Gresham入社する以前、Man GLGで機械学習主任を務め、また20年以上に渡るキャリアで売買の両方においてテクノロジー部門の上級職を数多く務めました。これには、Man Systematic StrategiesでのCTO、JPMorganでのテクノロジー担当執行取締役、およびCQSでの自動・電子取引主任が含まれます。 ウォーリック大学でコンピューターサイエンスの理学士号、サセックス大学で理論コンピューターサイエンスの博士号、そしてロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで計算統計学および機械学習の修士号を取得しました。


Scott Klipper、MSc

主任トレーダー

Scott Klipperは、GreshamのGreshamQuant (GQ) 戦略を採用するアカウントの主任トレーダーです。 2017年のGQ創業以前、Greshamの会計業務責任者を務め、Greshamのデータベース、ポートフォリオ会計ソフトウェア、投資家会計ソフトウェアおよび業績報告の責任を担いました。 2013年2月にGreshamに入社し、それ以前は J.P. Morganヘッジファンドサービスに勤務していました。 ノースイースタン大学で金融および起業家精神の理学士号、またバルーク大学で定量法およびモデリングの理学修士を取得しました。


Leonardo Marroni

上級定量研究員

Leoは最高投資責任者の役職を務め、Devet CapitalにおいてIreneの共同マネージングパートナーでした。 Devetを共同設立する以前は、GLG Partnersでポートフォリオマネージャーおよび新興市場の債券・為替トレーダーとして働いていました。 以前、Banca Cabotoにおいて、エクイティストラクチャード商品、アルゴリズム取引、および金利デリバティブを担当した後、Barclaysにおいて商品デリバティブ業務のストラクチャラーを務めていました。 『Pricing and hedging financial derivatives: a guide for practitioners』(Wiley, 2013) の共著者であり、クイーン・メアリー (ロンドン大学)およびインペリアル・カレッジ・ロンドンで数学および金融学の客員講師も務めたことがあります。 ミラノのボッコーニ大学で経済学の学位を取得しました。


Alexandra Sandu

定量開発者

Alexandra SanduはGresham Investment Management LLCの定量開発者であり、内在する取引モデルおよびリスクモデルの開発とサポート、および当社のテクノロジーインフラストラクチャーの責任を担っています。 Greshamに入社する以前、Bank of America Merrill LynchのCore Platformグループに3年間勤務し、そこで銀行のコア取引プラットフォームの改善、および営業部門研究者と金融アナリストのための新規データパイプラインの開発を担当し、副社長補佐に昇進しました。 ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで経営およびコンピューターサイエンスの学士号を最優秀の成績で取得し、優秀学業成績に対し学部長リスト賞を受賞しました。


Dr. Jonathan Cox

Senior Quantitative Researcher

Prior to working at Gresham, Jonathan was a Senior Quantitative Researcher at a London-based systematic equity start-up HF (2016-2018) and before this worked at Winton Capital (2014-2016) where he researched seasonal anomalies in the US equity markets. He has also spent time as a derivatives quant in investment banking (2010-2012) working on rates/credit hybrid models and more recently as a machine-learning and data-science fellow at Faculty (faculty.ai). Previously, Jonathan completed his DPhil in the Experimental Particle Physics group at Oxford working on the ATLAS experiment for LHC/CERN, where he researched statistical methods to calibrate the magnetic field of the Inner Tracking Detector. He also holds an MSc in Computational Statistics and Machine Learning from University College London (2013) and a first degree in Physics from the University of Warwick.


Greshamダイナミック商品戦略

Robert Howell

Greshamダイナミック商品戦略のポートフォリオマネージャー

1998年にロンドンのシュローダー・インベストメント・マネジメントで投資のキャリアをスタートし、国際マクロ経済の分野で豊富な経験を有しています。 シュローダーでは、外国為替、金利、そして新興市場の債券のトレーディング業務を担当していました。2005年にシュローダー・オルタナティブ・ソリューションズ商品ファンドを共同開発して運営を指揮し、その後シュローダー商品LPファンドを指揮しました。 Robは、2010年から退職した2014年3月までシュローダーの商品責任者を務めました。

最近では、ペンシルバニア州ハリスバーグ公立学校教職員退職制度 (「PSERS」) の上級マネージャーを務め、商品および市場戦略の投資方針の構築に対する責任を担いました。 また、同制度の資産配分委員会のメンバーも務めました。 ロンドンのニュー・カレッジ・オブ・ザ・ヒューマニティーズで歴史および英文学の学士号を最優等学位で取得しました。


Prabhu Ramachandran

上級定量アナリスト

Prabhu RamachandranはGreshamのシニア定量研究アナリストであり、資産分配戦略のリサーチおよび定量研究の責任を担っています。  Gresham入社以前は、2005年からUBS AGで株式オプション取引グループのメンバーを務めました。 CFA資格を有し、2010年にシカゴ大学で金融数学の理学修士号を取得しています。


Rodolphe Roche

農産物市場の社外リサーチコンサルタント

Rod Rocheはキャリアを農産物市場に専念して19年目です。 広範囲な各農産物市場のファンダメンタル分析の専門家であり、また各市場の定量的分析、テクニカル分析、および感情分析をリサーチに組み込んでいます。 商品先物の自動取引システムおよび系統的取引システムの開発にも注力し、またプライベートバンクを含む様々な顧客に対し系統的取引とポジションサイジングについての取引講座を作りました。

2005年から2014年までシュローダーでRob Howellと共に、SAS商品戦略また後にはシュローダー商品LPファンドに取り組み、すべての農産物リスクの責任を担いました。 2014年にシュローダーで商品リサーチ責任者に任命され、2019年3月に退社するまで3名のアナリストで構成されたチームを管理しました。

現在は農産物専門の独立リサーチアナリストとしてフランスを拠点にしています。


リサーチ

Prabhu Ramachandran

上級定量アナリスト

Prabhu RamachandranはGreshamの上級定量アナリストです。 資産分配戦略のリサーチおよび定量分析の責任を担っています。 Gresham入社以前は、2005年からUBS AGで株式オプション取引グループのメンバーを務めました。 CFA資格を有し、2010年にシカゴ大学で金融数学の理学修士号を取得しています。


当社の戦略について学ぶ

 

お問い合わせ

当社戦略への投資に関する詳細は、お電話で +1 212-984-1430まで、またはEメールで investorrelations@greshamllc.com


Gresham Investment Management LLC

257 Park Avenue South, 7th floor

New York, NY 10010