当社沿革

 

Greshamの社歴は、Henry Jarecki博士が40年以上前に設立したMocatta Metals Corporationおよび他の貿易会社の商品取引活動に遡ります。 Greshamの前身会社およびGreshamは、1976年より分散型商品ポートフォリオを管理しています。

1986年にStandard Chartered Bankに金塊会社を売却した後、Jarecki博士は自分の投資ポートフォリオ内の資産分配に目を向け、その年にGreshamの現社長およびCIOであるJonathan Spencerを雇用しました。 Harry MarkowitzおよびWilliam F. Sharpeの理論を早くから採用していたJarecki氏は、効果的にリスクを分散させるには、投資家は普通株や債券を越えて投資範囲を広げ、他の資産クラスを組み込む必要があることを認識しました。 商品の専門家であったJarecki氏は、商品が金融資産を有する投資ポートフォリオに戦略的多様性を追加することを理解しました。 当時は投資可能な分散型商品生産物がなかったため、彼はSpencer氏と共に有形資産プログラムを開発しました。

Greshamは2005年に無所属投資家に対する商品投資の提供を開始し、2017年には上場投資指標戦略を追加しました。2016年には、Greshamは絶対収益戦略を、そして2017年には資産分配サービスの提供を始めました。

2011年、Nuveen InvestmentsはGreshamの過半数持分を取得しました。 2014年、今度はNuveenがTIAAに買収されました。

30年の実績

Greshamの主力投資戦略は、30年間のリサーチに基づいています。

主力戦略を見る

 

お問い合わせ

当社戦略への投資に関する詳細は、お電話で+1 212-984-1430まで、またはEメールで以下までお問い合わせください。investorrelations@greshamllc.com


Gresham Investment Management LLC

257 Park Avenue South, 7th floor

New York, NY 10010