主力戦略

 

Greshamの主力戦略は、専有ベンチマークを活用して、ロングオンリー型、分散型、上場投資先物および先渡取引を開発します。 完全に担保保証されたこれらの戦略は、30年にわたるリサーチに基づいて構築されており、大きな実績があります。

 

Tangible Asset Program ®(TAP ®)

TAP ® は、幅広く分散されたロングオンリー型商品先物戦略であり、30以上の商品市場でのエクスポージャーと、30年以上にわたる実際の実績を提供します。 TAP ® は、国際商品市場の変化を反映して進化するポートフォリオ構築に基づいており、ファンダメンタル分析および定量分析の両方を通して日和見的および売買一任アクティブ履行を実施します。 TAP ®は、無相関利益源および強力なインフレヘッジを提供することにより、従来型資産クラスにおける投資家の手持ち額を補足することを意図しています。

 

 

 

Risk Dispersing Portfolio (RDP)

GreshamのRDP戦略は、完全な景気循環におけるインフレを上回る安定したリスク調整後利益を提供する複合資産国際先物戦略です。 Risk Dispersing Portfolio (RDP) 戦略はもともと、80年代にGreshamの創業者であるHenry Jarecki博士が自分のファミリーオフィスであるFalconwood Corporationで開発され、導入されました。 投資家に大きな資金引き出しに対するアクティブな保護を組み入れたダイナミックな資産分配モデルを提供すると同時に担保収益を強化するために、何年もかけてテストおよび改良された数多くの専有ポートフォリオエンジニアリング技術を活用しています。

 

 

お問い合わせ

当社戦略への投資に関する詳細は、お電話で +1 212-984-1430まで、またはEメールで investorrelations@greshamllc.com


Gresham Investment Management LLC

257 Park Avenue South, 7th floor

New York, NY 10010